トールワゴンとは

トールワゴンは便利な車です。

 

5人乗り
トールワゴンとは、コンパクトカーとミニバンの間に位置する車で、コンパクトカーより大きく、ミニバンより小さいのが特徴です。トールワゴンの呼び名は、様々で「ハイトワゴン」「2列シートミニバン」と「5人乗りミニバン」等多数あり、ワゴン車を連想させる呼び名から、「コンパクトカー」と呼ぶ時もあります。
サイズは、車高1,550㎜を超えるサイズをトールワゴンと呼びます。背が高いのが特徴です。背が高いですが、LサイズLLクラスのワゴン車と比べると小さいです。運転が、苦手だけど広い車が欲しいと言われる方には最適な大きさの車です。

 

[adrotate banner=”4″]

 

トールワゴンとミニバンを比較

 

Lサイズ、LLサイズのミニバンより小さく、コンパクトカーより室倍が広いので、使い勝手がよく、お買い物、趣味、子育てにと非常に重宝するサイズの車です。室内空間は広いですが、LサイズLLサイズのミニバンより小さいので、運転が苦手な方でも、Lサイズ以上のミニバンよりコンパクトなので、運転し易いです。
それに、Lサイズ、LLサイズミニバンより維持費が魅力的です。ほとんどのMサイズのミニバン、トールワゴンのエンジン排気量が1500cc以下と、記事記載現在の自動車税の区分で、一つの値段が上がる境の、1500ccを下回っています。あと、優れているところは、大きなサイズのミニバンより、燃費がいい車が多い点です。

 

日産セレナ(HC26) 20X S-ハイブリッド  16.0km
日産キューブ(Z12)     15X      19.0km

 

日産自動車のLサイズのワゴン車である、日産・セレナと、日産自動車のMサイズのミニバン、トールワゴンであるキューブを比較してみました。数字を見ていただくと、一目瞭然です。しかも、日産・セレナは、ハイブリットカーです。ハイブリットカーでも、大きなサイズのミニバンは、Mサイズのトールワゴンに及びません。トールワゴンは維持費が安いのが特徴です。

 

[adrotate banner=”5″]

 

 

トールワゴンとコンパクトカーを比較

 

 

Lサイズのミニバンより小さく、コンパクトカーより室内が広いのが、Mサイズのミニバン、トールワゴンの特徴です。Mサイズのミニバン、トールワゴンは、維持費の面ではコンパクトカーに及びません。コンパクトカーの中には、エンジン排気量が、1500ccよりしたのカテゴリーの1000ccの車が存在しています。1000ccの車には、自動車税の安さでは勝てません。
 

ただ、コンパクトカーの一部だけ、1000ccを下回っていますので、1000cc以上のコンパクトカーを購入されるのなら。自動車税は同じクラスになります。維持費の中でもう一つ気になる燃費はどうでしょうか?Mサイズのミニバン、トールワゴンと、コンパクトカーの燃費を比較してみましょう。

 

日産ノート(E12)   X      22.6km
日産キューブ(Z12)15X     19.0km

 
比べるとその差は、3.6㎞ほどです。これを多いと見るか少ないと見るのかは、人それぞれです。では、コンパクトカーより勝る点の室内空間はどうでしょうか?Mサイズのミニバン、トールワゴンと、コンパクトカーの室内空間を比較したいと思います。日産ばかりなので、今回はトヨタで比較します。日産ばかりだと、日産の回し者と思われそうなので(笑)。ただ、日産車は好きです。

 

トヨタ ヴィッツ(KSP130)F Mパッケージ  室内の長さ1920・室内の幅1390・室内の高さ1250
トヨタ ポルテ(NSP140)V    室内の長さ2160・室内の幅1420・室内の高さ1380

 

比較すると一目瞭然です。Mサイズのミニバン、トールワゴンの方が広いです。Mサイズのミニバン、トールワゴンは、コンパクトカーは狭いけど、ミニバンの維持費が気になると言われる方にお勧めです。家族5人でもゆったりと乗ることも出来ますし、同じ5人乗りのコンパクトカーと比べても、家族5人で十分乗れます。

 

Mサイズのミニバン、トールワゴンの中には、スライドドアを搭載している車種もあります。ドアを開けた時の開口部が広いので、乗り降りも楽ちんです。Mサイズのミニバン、トールワゴンは、買い物、趣味、子育てにと、非常に便利な車なので、オススメです。

 

家族でゆったり乗れる車はトールワゴンです。 4人家族はもちろん、5人家族でも楽しむことが出来ます。 当サイトはトールワゴンの人気、燃費、オススメなどを比較、ランキング、一覧したサイトです